外国人技能実習制度について

 
 実習生を日本に送り出国の経済発展を担う人材の育成を目的に、日本国内の企業や農家で外国人を受け入れて技術を習得してもらう「外国人技能実習制度」を適正に実施するため

 法務省と厚生労働省は25日、

「外国人技能実習機構」を設立したと発表した。

昨秋の臨時国会で、受け入れ先への監督を強化する技能実習適正化法が成立したことを受けた措置。

 問題があると情報が寄せられた企業や団体に立ち入り調査します。

東京に本部を置き、全国13カ所に事務所を設置して運営する。

  国際人材サポート協同組合
      代表理事 加藤 浩