介護現場への外国人の受け入れ拡大に向けた技能実習適正実施・実習生保護法案と出入国管理・難民認定法改正案が21日の衆院法務委員会で、与党と民進党などの賛成多数で可決されました。

 介護施設に海外の技能実習生を日本に呼ぶ事が可能になります。今国会で成立する見通しです。
 
政府は技能実習法案の施行と同時に、法務、厚生労働両省の共同省令を定めて、現在74ある技能実習制度の対象職種に「介護」を加える方針です。

国際人材サポート協同組合では、日本で実習をおこないたい実習生や、実習生を迎えたい介護の現場 

のために、力を尽くす所存です。

 そのために情報収集活動に努め、情報を載せていきます。
      

         国際人材サポート協同組合
               事務局