東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催されている「ITpro EXPO 2016」を見学させていただきました。さまざまな産業におけるIoT普及の現状を紹介されており、ビジネスの仕組みやインフラの形がIoTによって変わリつつある実態がわかり我々中小企業の経営者が経営を円滑にするために、IoT化の波に乗り遅れないことが大事であると思います。

 IoTはモノが関わる全産業に影響するため、あらゆる企業にとって無視できないものである。IoTの国内市場は2015年の6.2兆円ですが、、2020年には13.7兆円まで急成長すると見込まれる。
 この流れを受けて、ビジネスの形も大きく変わりつつある。

 IoTにおける収益化の方法は主に、
①「モノを変える」
②「健康に訴える」
③「データで自らを変える」の3つに集約できるという。

モノを変える例としては、ドローンを使った防犯サービスや、ロボットで作業効率を高める取り組みORIN2システムやM2Mなど、製品やシステムが賢くする取り組みが挙げられる。

健康に訴える例では、センサーで風呂場の事故を未然に防ぐサービスや、健康管理機能が付いたトイレ、ウエアラブルセンサーなど、健康分野での活用事例がある。

。3番目のデータで自らを変える取り組みとしては、工作機械などの故障予測や農業をセンサー情報で最適化していく取り組みがあるという。

 
 最新技術をじかにふれ、とても勉強になりました。

     国際人材サポート協同組合
        小川 光久