建設現場や工場などで働く外国人技能実習生が増え続ける中、1人のフィリピン人男性の死が長時間労働による過労死と認定された。厚生労働省によると、統計を始めた2011年度以降、昨年度まで認定はなく異例のことdesu.技能実習生の労働災害は年々増加。国会では待遇を改善するための法案が審議されている。

当国際人材サポート協同組合につきましては、同様のことがおこらないように、実習生たちの声をききます。

国際人材サポート協同組合
小川 光久